オーダーメイド・チタン印鑑
特別セール
トップページ
モジダスについて
チタン印鑑のココがスゴイ!
コミュニケーション制作とは?
ボディマーキングとは?
フォトマーキング NEW!
お客様のオリジナル書体
10年保証
お客様の声
オーダー
ご注文からお届けまで
商品一覧
ショッピングサポート
書体選びのアドバイス
印鑑の知識
印鑑登録について
印鑑の歴史
チタンについて
特定商取引法の表示
会社案内
お客様サポートダイアル0120-77-1070
お問い合わせ
株式会社モジダス
〒400-0832
山梨県甲府市増坪町根林44
Tel:055-243-1072
Fax:055-243-1070
Email:info@mozidas.co.jp
エグゼクティブチタン印鑑
Engllish Version


モジダス ショップへようこそ! 只今、送料無料キャンペーン実施中! 
印鑑の歴史
印章の歴史は約5000年前、古代メソポタミアで生まれたとされています。現在の印章と同じ用途か否かは定かではありませんが、一種の認証の道具として使われたようです。
約3000年前の古代エジプト、ツタンカーメンの遺跡のなかに王家の印(しるし)として神像や、神々、王の名称、繁栄や祈りを表すヒエログリス(神聖文字)が刻まれたスカラベ型印章が多数残されていました。
中世ヨーロッパでは、印章は王侯、貴族や、時の権力者達の象徴として、封印や認証の印として多く使用されています。
近年、世界中で発見された印章の分布状態を探ることによって四大文明間の交流や4000年以上前の広大な地域での交易の歴史などさまざまなことが証明されるのです。


スカラベ型印章

スカラベ型印章

「漢倭奴国王」の金印

さて東の文化の発生地である中国では約3500年前、漢字の原型の発生と同時に印章が生まれたと伝えられています。
資料的にははっきりとしているのは、秦の始皇帝の時代(約2300年前)中国の統一を果たし地方によって異なる文字の統一と官印の制度が取り入れらたことにより印章は広く使用され今日の形に近いものとなってきたようです。日本に現存する最古の印は、有名な「漢倭奴国王」の金印で1784年、九州の志賀島で発見されました。時の中国の皇帝が西暦57年ごろ金印を日本へ送ったという記録が残っています。

日本で初めて印章を使用するようになったのは、大化改新ののち、遣隋使を通じて中国の文化が入り、数々の律令が制定された701年とされています。
平安時代になって貴族の間で私印を使用するようになり、さらに鎌倉、室町、桃山時代と文化の発展とともに、武将達は自分の権力や表現する印とし、また、文人や僧侶が絵画、文章などに使用することにより、日本独特の印章文化がかたち作られました。


織田信長の印

武田信玄の印

上杉謙信の印

北条氏の「虎の印判」
その後、江戸時代、文化商業の発展とともに一般庶民が経済活動に関わるようになり、民衆の生活にまで深く根付いていきました。
明治時代になって、諸制度の改正、整備とともに印章制度が設けられ、実印の押印なき公文書は、裁判上の証拠にならないという布告がなされ、日本の印鑑制度が定着されました。
印章は、約5000年前を起源とし、多くの文化、歴史の交流を経て、現在、私たちのごく身近なものとなっています。
また、書画という東洋独特の芸術的創作にも結びつきが深く、印鑑制度は、日本と韓国だけのものとなっていますが、ある面では、非常に効率的な方法として、また芸術として、改めて世界的にも注目されているということです。

Copyright(c)1995-2003.MOZIDAS Co.,Ltd. All rights reserved.